My Yahoo!に追加 Add to Google

ヴァージンフェースでプルプルな朝肌美を実感!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員制度 スタート 半年


裁判員制度がスタートして半年が経過した
市民が裁判員として参加した裁判は71件を数え
被告人は72人で判決はすべて有罪となった
このうち無罪を主張していたのは2人いたが
認められなかったことになる

実刑を言い渡された刑期は裁判官が今までやってきた中で
積み上げられた“量刑相場”の約8割にとどまった
裁判員制度で選ばれた裁判官は量刑に対する
明確な尺度を持っている訳ではないため
先例を参考にしている可能性がうかがえた

「求刑よりも下でなくてはいけないことはありません」と
裁判長から事前に聞いてはいたとインタビューに答えた
裁判官もいたが量刑が求刑を上回ることはなかった

裁判員制度がスタートして半年
今後も紆余曲折しながら精度の高いシステムに
積み上げられていくことを望むものであるが
求刑と量刑の違いが若干気になった

というのは求刑に対して100%というのが極端に少ない
これはまだしも
量刑割合が50%という実刑もあった
人が人を裁くのであるから正解というのはないかも知れない
しかし正しいと思う方向に進まなければ生けてはいけない
量刑が正しいとしたなら求刑した検察官は
何らかのリスクを背負うべきだろう
間違ったのだから

人を裁くということはそれほど重いものである






コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



~格安航空券はもう買わない!~『驚きの無料航空券入手法』



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ワード

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング
ブログ王ランキング



TOP   SEO対策済みテンプレート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。